IMG_7130">
memo

カーゴバイクで野菜運搬@吉祥寺朝市

農家の朝は早い。早朝7:15に谷保天満宮集合という事で、5:00起きのはずが、40分寝坊。片道25キロの道のりをカーゴでラッシュという激しい朝となりました。

裏道を自転車ですっすっと通り抜けて近くの農家を案内してくれたのは、国立駅前にある”しゅんかしゅんか”というお店の女の子。すごい良さげなお店なので今度行ってみたいです。(ホームページ

うちのカーゴはバイク便の箱がついたままだったのでそれほど大量には積めなかったけど、サンリン自転車生活社の3輪カーゴはさすがにたくさん積めました。これが↑の写真。写ってないのもあるけど、この量を自転車2台で運ぶ事ができるんです。
集荷後、販売場所のカフェフレンズへ。途中に国立天文台や天命反転住宅やオーベスト(自転車店)を横目にみながらのんびりと走りました。到着してすぐに半分ぐらいは売れてしまうぐらいの大盛況。運んできたほうれん草でスープを作ってもらって、それがまた美味しかったです。
2回目の集荷は三輪のみだったので、少しのんびりした後に帰途へ。

カーゴで物を運ぶのはこれまでもやってきた事ですが、今回面白かったのは農家の方とお話できたこと。今の時代に東京で農家をやっているっていうだけあって、どこもこだわりがすごかった。印象に残っているのは、国立市の学校給食の4割は国立市で採れた素材で作られてるそうで、畑の隣にある小学校の生徒は昼食の野菜を朝に畑で見てるんだよって話。自分で野菜運んでみて、フードマイレージなどを持ちださなくても、それは圧倒的に正しいし合理的だというのを実感した。普段食べてるコンビニ弁当等とのギャップの大きさを思って、柄にも無く豊さって何?と考えこんでしまった。食料の生産流通の現場に触れることが一番の食育のような気がします。
せめてこの緑提灯のお店を贔屓にするようなところから始めたいですね。

吉祥寺朝市


post by monjya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です