memo

150年前の日本の風景

広尾の南部坂にはドイツ大使館があって、その高くて長い塀を使って色々な企画の展示をやっています。この時は150年前に来たドイツ使節団の絵師が描いた日本の風景が展示されてました。品川が金持ちの放蕩息子とあらゆる危険人物が出会う悪名高き場所と紹介されてて面白かった。有名な吉原以外にも色々あったわけで、ここでは金持ちの〜ってってところがミソだとすると、個人的なイメージで……今の西麻布w


post by monjya
area:南麻布, 東京, 港区,
tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です