memo

震災後の東北へ

メッセンジャーの先輩であるマミ犬さんが滞在して活動している歌津へ。活動のレポートはメッセンジャースクラムのページに書いた。当時はまだ廃墟と化した街の写真が様々なメディアで大量に掲載されていて、ほらこんなに酷いですよと追加して上げるよりも、現地で何をしたかを伝える事が重要と考えてあまりこういった写真を上げる事はなかった。

最初に仙台についた時には、ビルは多少傷んでいるが人も多く活気があってそれほど被害が実感できなかった。上の写真は、自転車で少し海に向かって走りだすとすぐに現れた景色。え?と思ったら、この辺りを境に徐々に景色が狂っていった。その先はもう多くの報道にあるような壊滅的な世界。

人間の頭には忘れるという機能が備わっていて、衝撃的だったこれらの光景が早くも風化しはじめている。写真というのはやはりすごいもので、そういう記憶を補完するものとして、シャッターを押した瞬間の心の動揺まで思い出させてくれる。もちろん(ここに上げている他の写真と同様に)他人にそれが伝わるような写真家的な努力などはしていないので伝わらないかもしれないけど、せめて撮影した本人だけはこうやって思い返して、震災の復興や自分自身としっかり向い合っていきたい。

歌津ではマミ犬さん達が支援しているマウンテンバイクの大会が開かれる予定です。自分もできる範囲で協力していきたいと思っています。。


post by monjya
area:
tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です